Kim & Jessie & ......

見つけてもそっとしておいてください……

音楽の趣味の合わない親友

昨年は夜行バスの中で過ごした年越しを,今年は渋谷のクラブで過ごした.

相変わらず節目に無頓着でテキトーだと思う.

 

夜行バスはなんの感傷もなかったが(強いていうなら乗る前に食べたなか卯の「年越し」親子丼がめっちゃ美味しかった),今年はクラブで大正解だった.

 

社会人になって単調な毎日の中で,ふと学生生活を思い出すときに,今日みたいな日が必ず頭に浮かんでくるだろう.

すべてがハイライトのようだった.

1つ1つの光景が絵になりすぎて戸惑った.

暗いフロアを照らす青い淡い照明.あの光を永遠に忘れない.

コンクリの壁とネオンも.

 

耳鳴りと体に残る振動の感覚を感じながら浸かる深夜の湯船が,すごく好きなことを思い出した.

 

残念なことを挙げるとすれば,一緒に来ていた友達とカウントダウン早々に別行動になってしまったことだ.

テクノ,ディープハウス,ダブステップ,私にはどハマりのジャンルだったんだけど,ヒップホップ好きの彼女の耳には合わなかったみたいだ.

連れて来ちゃって申し訳ないことをしたな,気まずいな,どうしようかなと反省していたら,外国人の友人がいる別のクラブに行って来てもいいかなと言い出すから,どーぞどーぞと送り出し,23:00にはお別れしてしまった.テキトーすぎる.そんな間柄がこの上なく心地よい.大好き.唯一無二の友達だ.ただ,元旦くらいはきちんと家に帰って布団で寝ていることを切に願っています(明け方に駅から電話をかけてくれたので,無事だったみたいだ).

 

そんなこんなで,年明けの瞬間は一人になってしまった.

結局,唯一の例外を除いて一人でいる時間に敵う時間はないのだ.

横にいた鼻ピアスの男性とハイタッチでもすれば良かったかも.笑顔がとても可愛かった.

真ん中分けのイケメン二人組のステップや,レディースシートではしゃぐ女性3人組をぼんやり眺める.床がべとつく.

カウンターに乗っかりその支柱をポールのようにして腰をくねらせ踊っていた白人女性.

あなたのおかげで最高の幕開けになったよ.

 

人生で初めてクラブに来て人生で初めて女性に声をかけたという男性は,数分会話しただけで,頭良いですよね大学良いところでしょうと聞いた.

私は,この人が今まで付き合っていた女性はそんなに馬鹿だったんだろうかとか,世間の人々はどれだけ馬鹿なんだろうと考えたりした.もしくは,酔っ払っていないことがこの空間でどれほど貴重なことなのか,とか.

2:10渋谷発の山手線で帰った.多分二度と乗る機会はなさそう.

 

 

今日みたいな夜があって良かった.

でないと,私は「きみの鳥はうたえる」の良さをわかることができないまま,死んでいくところだった.

 

 

 

***

 

恋人に会いたい.