Kim & Jessie & ......

見つけてもそっとしておいてください……。

うちのインコはうたえない

新宿武蔵野館で,「きみの鳥はうたえる」を観てきました.

 

kiminotori.com

 

観終わった直後の感想としては,パッとしないしなんかムカつく,合わない映画だなあと思いました.

ただ,街中でちょっとワルでおしゃれな若者たちを見かけると,あの映画に出てそうだな〜〜と思い出したり,かかっていた音楽を探してみたり,後からじわじわ味わえる”スルメ”的楽しみ方は十分できる映画でした.

 

モヤっとした嫌悪感の正体を,文章にしておこうかなと思います.

 

***

 

ぼんやり過ごす若者や大人への羨望と拒絶感が,まずあります.

特にそんな感想を持ったのが,静雄とその母親.

母親は酒浸りで,会うたび息子たちにお金をせびってるんでしょう.

静雄の兄はちゃんと働いてるようで,テキトーな静雄や母親とは少し距離を置いてることが想像できます.また静雄自身も,兄に金銭的援助を度々申し出ているようで,こんな感じで無責任にのらりくらり生きれたら楽だろうなあと思いつつ,そんな人間が周りにいるのも厄介だと感じました.

 

そして,ビッチで普通な女性の描き方が上手すぎて怖い.

主に佐知子に対する感想ですが,もう1人のバイトのみずきちゃんにも同じ感想が当てはまります.

ちなみにみずきちゃんを演じていた山本亜依という女優,めっちゃ可愛い.調べたら,元AKB48だそうです.写真より映画の中で動いてる方が可愛かった.

まず,佐知子に対しては,もう全部の言動に当てはまるんですが,特にみずきちゃんに自分の性行体験を屈託無く話してるシーン.

二段ベッドでやって狭かったという話は,全国のあらゆる女子会で展開されてそうで笑っちゃいました.

自慢でも卑下でもなんでもなくて,さらっと普通の話題として話せちゃうところ,そしてそんなシーンを映画の中に収めるところに,監督の才能を感じました.

みずきちゃんは,新しく入ってきたバイトの男性と,初日に飲みに行きオールして泊りに行っちゃったみたいです.

彼女たちをビッチと形容するのが適切ではないかなと思うくらい,自然で普通,お酒の飲み方が上手いです.そんな彼女たちに対しても,羨望と拒絶を感じました.

 

 

もちろん映画全体を通して,好きな点もたくさんありました.

 

暴力の描き方の塩梅は,とてもリアルでポップでした.

「僕」が,バイト先の森口の発言に対して腹を立て,トイレでボコボコ殴るシーンがあるんですが,この森口ってやつが絶妙に腹立つキャラクターをしてて,鈍臭いし30すぎてバイトだしダサいしうるさいしうんざりする人間です.

暴力シーンはあまりに酷いと痛そうで観てられないんですが,あーーいい感じと思える具合に殴るので,楽しく観れました.

また,森口が逆に,散歩中の「僕」を自転車で追いかけ,棒みたいなものでやり返すシーンもあるんですが,ダサい彼にぴったりの仕返しの方法で,シュールでした.

自分でやり返しておいて途中でチキって逃げて行くのとかほんと面白い.「僕」の,なんだあいつって感想もわかりみが深いです.

 

他に好きだったのがクラブのシーン.

深海のような青い照明が,そこが,ガヤガヤしたうるさいクラブではなく心地よい空間であることを象徴しており,その照明に絡みつくように踊る佐知子が最高です.

リズムの乗り方をみていると,おそらく本当はすごくダンスが上手で(コンテンポラリーダンスの経験があるらしい),もっと踊れるんだろうけど,一般人が踊る範囲で最高レベルに上手で心地よいリズムの乗り方と振り付けをして,自由気ままに動いているみたいな踊り方をするんです.

実際のクラブにいそうでとてもリアルだし,フロアの注目を一身に浴びるほどではないけれど,素敵だなあと見惚れてしまう人も多々いる,そんな妖艶な雰囲気を纏っていました.良かったです.

 

 

***

 

多分,最初から自分の中で答えは出てたんですが,この映画,やはり性的な要素の嫌悪がすごく強かったんだと思います.

 

でも,そんな点は内容の本質ではなくて,「僕」と静雄が兄弟でも,そんなことは現代の若者は気にしないし,スルーできるし,恋愛感情は問題なく持てるので,引っかからずにそれ以上の人間関係の機微,合間を読み取る感性があれば,もっとずっと,「きみの鳥はうたえる」は魅力的でエモい映画として受け取れたんだと思います.

まあ,私にもその感性がないこともないんですが,どうしても,佐知子や静雄に対する嫌悪で立ち止まってしまいました.

静雄に関しては,「僕」と関係があることを知りながら佐知子に惚れてしまったのですが,そこは仕方がないとして,何よりも「手を出してしまった」のがどうも許せないみたいなんです.静雄はとても優しいし思慮深いし,自分が「僕」と佐知子の邪魔をしていないかとか気にするほどに,配慮ある人間なんですが......

キャンプのエピソードでは,2人の様子が映らずずっと「僕」の日常を映していたことが「手を出したこと」を暗示してるんじゃないかと解釈しました.

3人の関係性が,自分自身蓋をしていた記憶を呼び起こすようなものだったので,感想のベースが嫌悪感になってしまったってことだと思うんです.

 

 

これが,女2人男1人の3人だったら,こんな爽やかな仕上がりの青春映画にはなってないだろう.

私は,「僕」や静雄(特に「僕」)のようにあっさり振舞うことができなかったので,女性の,というか自分の病みやすさを嘲笑されたようで,ちょっと苦しかったのかもしれない.

こんな感想を持たれるなんて脚本を書いた三宅唱さんもびっくりだろうな......

この映画は,性別を入れ替えた時の非対称性を意識してしまう不幸な人間には,心から楽しめないだろうという結論です.

似たような感想をネット上で探してみるんですが,あんまりなくて少し寂しいです.

 

割り切れる人間になりたいけれど,なってしまったらむしろ良くないんじゃないかという意識もあります.

ただ,割り切れる人間の方が傷つかずに済むことも多いだろうから,やっぱり緩めの規範意識を醸成していった方がいいのかなとも感じます.

 

全然引きずっていないようで,厭な記憶は,口に入った髪の毛のような不愉快さを伴い蘇ってくるので,困りものです.特に,映画や小説で,その世界観に完全に入り込み,自分の経験や主観を抜いて鑑賞できたらとても良かっただろうにと思う作品に出会う場合,とても残念に思います.

 

Young Juvenile Girlfriend

今日も今日行った全ての会話を反省するタイムに入っていて通常運転です.

新しくカテゴリーを生成し記録することにしました.

 

***

あなたのことを大切に思っている人がみんな,私と付き合いがあることを納得するような素敵な人間になりたい.

要は,認められる見合った存在になりたい.

 

幸せを復讐だと思う癖をなくしたい.

 

 

虫と鶴

今日はバイト先に行ったら入口のところに大きく黒々とした虫がいて,わあと言いながら鍵を開けました.

店内への侵入は防ぎました.

 

***

 

そういえば,バイト先のお客さん2人が春先から注文していたカスタムキューが完成したようです.

日本メーカーのHAKUカスタムキュー.夫婦で工房を営み2人で製作しているらしいです.

hakucue.com

ハギとインレイがあまりに美しく,HPを見ていると欲しくなってきましたが,見合った技量と資金が不足しているので一瞬で諦めます.

 

注文時は,完成時期が予定より遅れているだの追加料金を請求されたなど注文者の1人は結構文句を言ってたのですが,完成した途端に上機嫌だそうです.

 

道具マニアである常連のYさんがやってきて,所有者がいない間に,新品の2本のキューをキュー立てから持ち出しラシャの上に並べて鑑賞していました.

Yさんは手先が器用でこだわりが強く,ビリヤードの道具に限らず様々な分野の知識が豊富な大人な男性です.

彼が,並べた2本のキューを見ながら,本人には絶対言わないんだけど,俺めっちゃ気にくわないところが3箇所あるんだよねと言ったので,面白くなりどこですかと聞くと,ジョイント部分のコーティングの高さが揃っていないこととダイヤのインレイが1つだけ斜めになっていることを挙げました(あともう1箇所は細かくて伝わらなかった......).

なるほど,確かにそうなっている.手作業なのである程度仕方ないのかもしれません.

本人に言っちゃダメよ.いない間にこうやってまじまじ見て粗探すんすよと言うYさんはいとをかし.皮肉屋で神経質,些細な点にも目が届く意地悪な人物と,意地悪な秘密を共有できたことが嬉しくなりました.所有者の2人が,購入したHAKUキューの話を楽しそうにしている様子を,今度からニタニタしながら見ていようと思います.

ただそんなYさんも,奥さんに洗濯物が斜めに干されていることを怒られたりすると話していて,どんな人でもいつになってもそういうことから逃れられないんだなあと思いました.

 

 

***

 

さて,私はというともう少し上達したら大学4年の間にジャンプキューとキューケースを購入しようと計画していたのですが,一向に上達する気配が見えません.なんなら,少し前までしっかりとイメージできていた出しや入れが,悲しいかなどうも具体的にイメージできません.

この厚みならこの力加減で,このラインならこの撞点で,といったイメージがうまくできないです.クッションに入れる場所も想定通りにいかないし,どうしたら想定したように手球が動いてくれるのかわからない.調子が悪いです.

練習時間の問題かもしれませんが,あやふやなままやってても練習にはならないし......とりあえず,試合の動画を見る時間が減っているので,そこをまず補うことにしました.

それに,以前にも増して,練習中にイライラするようになりました......

今にも物に当たってしまいそうな(自分として一番やっちゃいけないことだと認識している),あーーもうみたいな投げやりな精神状態になるんです.

この感じ,本番の試合中に絶対やってはいけないことだな,冷静になれと肝に命じます.

 

 

趣味と特技が杞憂なので,似たような状況がビリヤード以外で起きたらやだなあと妄想します.

 

少し前まで確かな実感を伴っていたことが,急に曖昧になりわからなくなる.

そのことに,腹を立てる,まではいかなくとも,もやもやした不安な気持ちになる.

 

 

結局,道具を買うために貯めたお金は春休みに旅行かなんかに使いそうです.

それはそれでいいのかな.

そして,イライラしてどうしようもないときは,今私の左手首の内側には内出血ができているのですが,それを撫でると落ち着くことに気がついたので,常にどこかに内出血を作っていようかなと決めました.

 

 

***

 

天使のように優しく可愛い人は,どんなにしょうもないことや意地悪なことをふっかけても聞いてくれるし正面から返答もしてくれます.なので,時折どこまで話して大丈夫なのかなと試すような気持ちで,いつもなら脳内に留めるようなこともダダ漏れにしてしまいます.

 

そしてそんなことをした日の寝る前には大抵,私に心の底から愛想を尽かし,たわいもない会話などできなくなってしまった人々が見せた,呆れて見離すような顔が思い出されるので,自分を甘やかすだけではなく傷つけてバランスを取ろうとしています.同時に,今日も変なことを言っちゃってごめんなさいという完全に自己満足の謝罪をしたり,あの場面では自分のことは話したけど聞き返すのを忘れてしまったから今度聞こうなんて反芻します.たとえばイメージカラーが紫になりたいと言った時に,相手はどんなイメージカラーを希望するかと聞きそびれたこととか.その程度でも情報を取り逃がしたことを悔やむので,重症だなあと思います.

 

関係性はほんの10秒あれば変わってしまうものなので,律さないと先方も天使ではいてくれないだろうし,私の情も,不本意にも枯れるかもしれない.そんな気配は微塵もないけど,きっとそうなるときはそうなるんだろう,と勝手に想像してるだけなのにどうしようもなく悲しくなってきました.

 

単なる悲観的な一個人の価値観ですが、人間関係はある程度の相性とお互いの忍耐と底なしの配慮により維持される総体で,そんな社会に対して絶望感を抱くこともあります.

人間関係を維持できなかった主体であることも客体であることも思い当たるので,次はどっちだろうという不安はいつもつきまといます.

そして,まだそんなに深く知らない人間を,自分と似てると思ったり前から親しいような安心感を覚えたりすることは,往往にしてそう思いたい・感じたいという願望が基盤にあるので,油断なりません.というのも個人の価値観ですが.願望が基盤でいいじゃないかと開き直り心の底から湧き出す感情に身をまかせるということもできる.しかし,思い込まない,没頭しない,そういう意識が染み込んでおり,わざわざ文字にまでして自分にストップをかけようとしてるのだから,救いようがない俯瞰人間です.全く可愛げがないです.

 

差し当たりはとても幸せなので,するめのようにずっとずっと噛み締めていたいなあと日々を過ごします.

 

 

P.S. 好きな哲学者はハイデガー永井均で,ニーチェは少し苦手なので,ニーチェみたいな人は多分好きになってないなと思いました.

 

 

誠実でいることの難しさ

***

 

以前,ロウイエのブラインドマッサージについて感想を書いていました.

 

ufowohakken.hateblo.jp

 

少し前に書いた記事なので,今と文章のテンションがだいぶ異なり,読み返すのがちょっと気恥ずかしいんですが......

この作品は恋愛ものとヒューマンドラマを足して2で割った印象ですが,全然異なるジャンルの映画で似た演出をしている作品がありました!

 

去年ヒットしたホラー映画のドント・ブリーズですね.

 

www.bd-dvd.sonypictures.jp

 

これ,めっちゃ面白いんで,ホラーいける人は今すぐ,ホラーダメな人はだれかと一緒にキャーキャー言いながら観て欲しいなと思う作品なんですが,

これも,視覚障害者を演出にうまく利用しています.

「利用」って言い方が少し不謹慎だけど......

 

異なる点があるとすれば,ドント・ブリーズでは見えない人が1人だけで,観客と作中の登場人物の見える人々の視点は共有されていますが,ブラインド・マッサージでは全員が見えないので,状況を俯瞰し把握できる視点の保有者が観客のみという点です.

 

どちらもとても良い映画です.

 

 

***

 

今日も,世界が自分にとって少し有利にまわっていくように,大なり小なり嘘をついたり,表現を工夫したりして他人とコミュニケーションをとってしまいました......

 

その具体的な内容は,わざわざ取り立てて懺悔するほどのことでもないし,懺悔したところで9割の人間がそんなこと気にするなよと言ってくれそうなほど,些細なことだとは自覚してるんですが,どうしても割り切れません......

 

 

 

最近とても,調子が悪いです.

自分を過剰に貶めているという自覚はあるんだけど,どうもその癖が抜けません.

特に,少し前にとても喜ばしいことがあったんですが,それに付随して今度こそきちんと生きようボロを出さないようにって,祈るような心地でなんとか毎日をやり過ごしているんです.自然体になりたい.緊張せず考えすぎず,発言や行動をしたい......

 

ビリヤードだって,入ってくださいと祈るような感じでついたって,キューが逃げちゃうじゃないか!

 

 

もう自分の性格がめんどくさくて困ります.

 

 

 

***

 

親友(だった人)から届いたメールは,小中高大と16年目の付き合いにしては,とてもあっさりとしたものでした.

 

彼女とはもう2年ほど会ってはおらず(会いたいと言っても会ってくれないので2年会えていないのですが)今どんな容貌をしているのか想像もつきません.

 

昨年12月の私の誕生日に,詩を送ってくれたのですが,その後一度だけメールのやり取りをし,それ以降は昨晩メールが届くまで全く連絡を取っていませんでした.

 

今朝メールに気付いた時にはとてもとても嬉しかったのですが,読めば,なんというか,以前にも増して遠い人物になってしまったのではと思うような,拍子抜けするものでした.

 

 

彼女は,絵や文章の才能に溢れた人物でした.

 

小学校の国語の授業で,教科書に掲載されている絵を題材にオリジナルの小説を書くという課題があったのですが,彼女の作品が小学校中学年とは思えないほど洗練された物語で,その時,私は彼女と絶対に友達になろうと思ったんです.

 

それから,同じ中学校を受験し,のびのびとした中高一貫校で過ごしました.

彼女は芸術系のコースがある関西の私大に進学し,私は東京の総合大学に進学したという運びです.

 

 

彼女に避けられるようになった理由はなんとなく想像がつくのですが,そしてそれはそれで別に良いのですが,それ以上に,今回のメールは意図の見えなさがとても怖いんです.

そして,怖いなんて感情を持ってしまう自分にもうんざりというか,失望しています.

何も,彼女の気持ちをわかってあげられない.

 

このメールは果たして決別のメールなのか,すれ違ってしまってたけどまた会いましょうということなのか,でも,私はすれ違っていたなんてそもそも思っていません.

ただ,文字を追うだけ.頭に入らない内容.気味が悪いとすら思ってしまう自分も嫌です.

 

無邪気に教室で妄想話をしていたあの頃には戻れないんでしょうか.

もっと前,私だけ仲間外れにされてた交換日記を,教室でこっそり見せてくれた頃に戻れないのか,戻れなさそうです.

 

親しいと思っていた人が自分の知らないところでどんどん変わってしまうのは,切ないけれど,どうか元気で過ごしてて欲しいと遠くから願っているのが適切か.

 

大人になるにつれて,大事なものを取りこぼしたり犠牲にしたりしている,そんな実感です.

 

 

 

Never as Good as the First Time

 

 

***

日曜日.部屋の整理をしていたのですが,iPodが出てきたのでそれをずっといじり高校時代を懐かしんでいました.

 

狂おしいほど好きな曲です.

駿台の自習室でSade聴いてるJKクソ生意気だしマセガキだな.

初めてPVを観たんだけど,まさか乗馬の映像だとは......

 

www.youtube.com

 

この,とても都会的な伴奏に絡む唯一無二の神秘的な歌声がもうもうもうたまらなく好きです.

1985年の曲だから本当に驚きしかない.2018年,全然古くない.むしろ最近の曲じゃなかなか越えられないくらい,シンプルさと両立してクオリティが高い.

そしてSade個人,ファッションも振る舞いも,全てかわいい...... 理想の極み,完璧です.

 

以下は,とてもどうでもよくオチもない独り言ですが,私は,自分でもちょっとおかしいなと思うくらい音楽の趣味が幅広い自覚があります.

SadeやBlueyを良いと思う感性とクリープハイプが大好きな感性が共存している自分怖すぎ.

ただ,気づいたのですがこのNever as Good as the First Timeとか特に,邦楽で最近かなり好きなバンドのD.A.N.なんかに近いんじゃないかと.

神がかってるほどめちゃめちゃ心地よいベースラインとか,繰り返しの多い構成.

 

ただ,ジャンルもルーツも違いすぎるのでうまく説明しようがないですが,どちらもとにかく大好きです.

 

 

 

***

 

正直でわかりやすく,嘘が下手くそなようで,実はやばめの秘密や過去を隠し持っている人間がもっともタチが悪いと思うこの頃です.

 

 

反省する動物

今日はほぼ2週間ぶりに,好きだった人とバイト先で鉢合わせをしていました.

まあ,それぞれ別の人と一緒にいたので喋ることもないのですが.

 

とても醜く不道徳な行為が行われてからというもの,私は完全に変な方向で病んでいましたが,その後も彼は,本当に大人なのだろうかと疑うような,幼稚な行いにより度々私の気分を害していました.

むかつくので書いてしまうと,例えばシフト中に他の女性(既婚者で彼を不倫に誘っていると思われる)を店に連れてきていたり.

私自身その光景を見て,もちろんメンタル面での打撃はあるのですが,嫉妬などという単純な感情ではなく,むしろその逆で,人を傷つけるために人を利用することができる,彼の無神経さや道徳性の低さに辟易したというのが率直な気持ちでした.

連絡を断つなどすれば十分なのに,わざわざ打撃を加えられるという確信を持って,友人女性と共謀してくる.確かに,病んだ二十代の女性というものはこの世で最も面倒な部類に入る存在だとは思うのですが,それでも,連絡無視してそっとしとけば鳴き止むじゃん......そういう、本当に相手が求めるような優しさはない人だったんだ......としみじみしちゃったり......

世間の大人,案外幼く怖いです.

 

そんなこんなで完全に私の推しメン愛・憧れに似た片思いはげんなりしぼんでしまい,無味乾燥だがとても穏やかで愛しい独りの日々に回帰しました.

付き合っていた頃の記憶も,爽やかな悪夢だったのかなと思っていて,完全に過去,異世界の出来事のように捉えられます.とても,戻りたいとは思いませんし良い経験をしたとも思ってないです......できれば心にしまっておきたい,黒歴史とは似ても似つかぬ人生のハイライト的な.

そして,彼やその女性,不倫を繰り返す彼の友人,そんな大人たちは人ではなく動物であり,動物と人は恋愛ができないので仕方ないのです.仕方ない.

動物は動物同士でくっつき,人は人でくっつきます.

 

 

しかし今日,とても反省することがあってその懺悔のために記事を書いているのです.その内容というのが,挨拶を無視したことです.

 

厳密には,帰り際にお疲れ様〜と言われたので,振り返りもせずにはーーいとか曖昧な返事をしてさっさと帰ってきたのですが,もっとちゃんと,顔を見て,以前のようにお疲れ様ですと言えばよかったなあと,そんなちっぽけなことを反芻してるんです.

 

やっぱりこんなに考えてしまうってことは,まだ彼のことが好きなのか.

 

きっとそうではないです.

私も動物的な幼い意地っ張りの言動を取ってしまったことが,少し悔しいだけである.多分そんな感じです.

 

 

こんな些細なことを寝る前にいちいち気にしてる性格,とても馬鹿らしいなあと思います.

ただ,きっと彼も,それなりの勇気を持って私にお疲れ様と言ってくれたはずなので,それに応える誠意は,見せるべきだった.色々あってももう全てひと段落したことだし.

私の返答があるかどうかで,その後の気分もお店での過ごしやすさも変わるだろうし,彼に,不幸になって欲しいとはそこまで思ってないです.あーー違うな,不幸になってくれと思ったらそれこそ動物が考えることです.

 

過ぎてからはこのように,挨拶をすべきだった理由をいくつも考えられるんですが,その瞬間は,はん?なに声かけてんねんみたいに思っちゃって,さらっと帰ってしまった......

 

 

こうした一瞬の後悔,いつになっても絶たれることはありません.

 

何事もタイミングなんだなあ.

 

 

 

* 明日,楽しいイベントが出現したので,顔パックをして寝ます.これこそ,「穏やかで愛しい(独りの)日々」です.